少女・女性コミック

ミステリと言う勿れ 2巻 / 田村由美

あの田村由美先生の最新作!

ミステリと言う勿れ 2巻

 

 

1巻で出てきた刑事さんたちが、整の味方になりつつあるのが面白いです。

やはり整の話術が味方を作っていくのでしょうか?

2巻も1/13まで無料で読めます!

 

大きな犬堂家のお屋敷へと連れてこられたバスの乗客たち。

広い部屋に通され、食事も用意してある。

しかし、外はドーベルマンのような犬たちがたくさんいて逃げられない!

 

バスという単語を通して、4人の生き埋め事件と今回のバスジャックが繋がる・・・

1人目の被害者、犬堂愛珠がこの屋敷の住人だった。

バスジャック犯は、愛珠を殺した犯人を探していたのだ!!

 

それに気付いた整はバスジャックの真の首謀者、生き埋め犯を突き止める!!

 

ミステリと言う勿れを読めるオススメサイトはebookjapan!

いつでもキャンペーンが盛りだくさん!

50万冊の品揃え!

無料で読めるコミック数、約6000冊。

 

サイトもシンプルで使いやすい!

もちろんミステリと言う勿れも、ebookjapanで読めちゃいます♡

詳しくはこちら♡

 

 

 

ミステリと言う勿れ 1巻 / 田村由美ミステリと言う勿れ 1巻 / 田村由美 あらすじ&ネタバレ!一人暮らしでカレーが好きなだけの大学生・久能整が、ある日突然殺人の罪を着せられた。殺されたのは整の同級生・寒河江。整は、不思議な話術で人を魅了し事実のみを探し真実を見つけていく。この事件の真犯人はまさかのあの人だった。お得に読める電子書籍サイトを紹介しています!...

 

ミステリと言う勿れ 2巻 ネタバレ

episode2 【後編】犯人が多すぎる

バスジャック犯に誘拐される人質たち。

ついた先は、犬堂家。

犯人たちの自宅だった。

 

山奥な上、屋敷の外には大型の犬が10匹以上放たれている。

逃げられそうにない。

屋敷の広間に通されるが、廊下に大きな若い女性の写真がある。

その絵を見て、明らかに顔色を変える淡路と柏。

 

広間に入ると食事も用意してあり、不自由は無さそうだった。

しかし、みんなで話しているうちにある時間の話が出てきた。

最近起きている4人の生き埋め事件だ。

整は、犯人はみんなで話す内容を聞き、誰がどんな思考をするか探ろうとしてるのではないかと推測する。

 

バスジャック犯、オトヤは「自分の犯した一番重い罪」について問う。

みんなは各々自分の過去に犯してしまった罪を告白する。

もちろん生き埋めの話をするものはいない。

 

犯人たちがいなくなったところで、整は大隣署の池本に電話をかけた。

そこでさっき話に出た生き埋め事件の最初の被害者が、犬堂愛珠だと聞かされるのだ!

整は、今まで感じてきたピースがピタッとハマるように事実が見えてきた。

 

バスジャック犯が生き埋め事件の犯人をこの中から探している・・・

そして、バスジャック犯はもう1人いる。

 

生き埋め事件の犯人は誰か。

もう1人のバスジャック犯とは?

 

episode3 つかの間のトレイン

整は新幹線で広島に向かっていた。

なんとなく我路に会える気がしたのだ。

 

駅弁を食べ、広島までの4時間寝ようと席を倒す。

ふと隣の女性の持っている手紙が目に入る。

その手紙には文面の他に、イラストが描いてあった。

 

「きょうとにはくるな?」

女性はびっくりして、整の方を見る。

そのイラストをひらがなにして、頭文字を並び替えると言葉が浮かび上がる。

その女性は、他にも手紙があるとカバンから出す。

 

その手紙の内容を打ち消すように、イラストからのメッセージが出てくる。

うそだ、だまされるな、もどるな、きけん・・・

 

女性の名前は紘子という。

両親を亡くして、育ての親とくらしていた。

しかし、両親が亡くなっていると言うのは嘘だった。

見つけた手紙に父から、紘子を返してほしいと記してあったのだ。

 

紘子は自分で手紙を書き、直接やりとりをすることになった。

もうすぐ結婚する。

だから実の父とバージンロードを歩きたい。

その願いを快く引き受けてくれた手紙の内容だったのだが、イラストからのメッセージは正反対のことが書いてある。

 

昔の手紙のメッセージも解いてみると・・・

ぼうりょく、あばれてる、しんじるな

などと描かれていた。

このメッセージは、近くにいて書き足すことのできる人物が描いたのではないか。

 

それであれば、紘子の母ではないか。

父から暴力を受けていたのではないか。

 

紘子が持っているお守りには、名前が書いてある紙が入っていた。

その紙にもイラストがあった・・・

ケーキ、にんじん、天ぷら。

『にげて』

 

昔の手紙のイラストは紘子の育ての親に向けて描いてあった。

実の母と育ての母は親友だった。

実の母に父は暴力を振るっていた。

ついには紘子にまで暴力を振るい始めたため、実の母は親友に紘子を託したのだった。

 

しかしこの話にはまだ続きがあり・・・

 

episode4 思惑通りと予定外

広島に着いた整は印象派の美術展に寄り、観光地を見て回っていた。

目の前で女の子が男2人に絡まれている。

 

助けて!と整に手を伸ばしてくるが・・・

「嫌です」

はっきりと断る整。

新幹線からずっとつけられていると主張する。

 

どうやら彼女は東京からずっとつけてきていたらしい。

我路から整を推薦するというメールが来たと言う。

本当は我路に頼んでいたが、我路がいなくなってしまった以上、整しか頼れないと言う。

「あなたが代わりになってくれるというなら、私は戦ってみようと思う。

命とお金がかかってる。マジです。」

 

 

 

ミステリと言う勿れ 3巻はここ!

随時更新します!

 

ミステリと言う勿れ 2巻 感想

我路という名前がしっくり来すぎる美形な我路。

かっこいいですよね〜♡

 

この作品は構図がとても良くて、ストーリーを最後まで読んでからもう一度読むとだからこの構図なのか!

とか新しい発見があります。

それがさらに面白さを増すんです。

このキャラはこの時、どんなことを考えてるんだろうかと考えるとすごくこの『ミステリと言う勿れ』の世界が広がります。

 

生き埋め事件犯の顔ヤバかったです・・・

あの生き埋めにしたことを全く悪いと感じてなく、目がちょっと行ってしまっている所が恐さがあります。

あの腕が送り付けられてくるシーンも、我路からの整へのメッセージ感がとてもあります。

 

絵手紙の暗号も、それをパッと解読してしまう整もすごいのですがその先の紘子を取り巻くストーリーの深さもグッときます。

本当に『ふたりでころした』なのかも気になるところです。

 

汐路ちゃんと我路の繋がりも気になるところですが、なんだかんだ巻き込まれる整も人柄も好きです。

いつも巻き込まれなくていいのに、自分から巻き込まれていくんですよねw

今回は我路のせいなんですけど・・・

 

4つの蔵の時のセリフ「足りない」も気になっています。

ますますミステリと言う勿れの虜になっていってますw

 

 

 

田村由美先生の代表作はココ

BASARA

 全巻大人買いして、この機会に読み返したい作品です!

1/11まで1〜4巻無料で読めます。

 

7SEEDS

2/3まで5巻まで無料で読めます!

私、こちらの作品は読んだことないのでこの機会に読みます!!

 

ミステリと言う勿れをお得に読むには・・・

ebookjapanは、ヤフー株式会社が運営している電子書籍サイトです。

コミックがメインですが、ラノベや実用書なども配信されています。

 

オススメポイントはここ!

  • 50万冊以上の書籍数
  • 2000冊以上の無料コミック
  • SALEやポイントアップが充実してる
  • PayPayユーザーにとってめちゃくちゃお得
  • Yahoo!プレミアム会員はポイントアップ率が高い!

(ソフトバンクユーザーとワイモバイルユーザーはYahooプレミアム会員なんですよ!)

 

中でも、このYahoo!プレミアム会員はこんなにお得なんです♪

  • 5のつく日はポイント10倍
  • 毎週金曜日はポイント20倍

 

PayPayのキャンペーンとの抱き合わせなどもあり、お得感半端ない!!

貯まるポイントはTポイントと、PayPayボーナスライト

還元されたポイントでまたコミックを購入してもよし、普通のお買い物に利用してもよし☆

 

Yahoo!プレミアム会員の方、電子コミックを結構読む方にはebookjapanがオススメ!